エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

湿地保全で天然のダムに

 相次ぐ台風などの豪雨災害を受け、環境省は河川流域の湿地を天然のダムとして活用する方策を検討する。昨年の台風19号で被災した河川から二つの流域を選び2020年度に調査を始める。雨水や川からあふれた水を一時的にため、住宅地などの浸水を防ぐ。多くの動植物が生息する湿地の保全により、豊かな生態系の維持・回復を図る狙いもある。

LED巡りレグザの特許侵害認定

 液晶テレビ「レグザ」の使用部品が発光ダイオード(LED)の特許を侵害したとして、日亜化学工業(徳島県阿南市)が東芝映像ソリューション(青森県三沢市)に、1億3200万円の損害賠償と生産停止などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は28日、約1795万円の支払いを命じた。生産停止などの請求は棄却した。

レッスン演奏に著作権料認める

 音楽教室でのレッスン演奏を巡り、楽曲の著作権使用料を支払う義務があるかどうか争われた訴訟の判決で、東京地裁は28日、「著作権法上、支払いの対象だ」と判断した。その上で、作曲者らの委託を受けた日本音楽著作権協会(JASRAC)を相手取り、使用料の徴収権限がないことの確認を求めた教室運営者側の請求を棄却した。教室側は控訴する方針。

公取委、送料無料の停止申し立て

 通販サイト「楽天市場」を運営する楽天が、一定額以上の購入者への送料を出店者負担で無料にする制度を導入するのは独禁法違反(優越的地位の乱用)の疑いがあるとして、公正取引委員会は28日、制度の緊急停止命令を出すよう東京地裁に申し立てた。楽天が、立ち入り検査を受けた後も3月18日の導入を取りやめないことから、緊急に出店者の不利益を防ぐ必要があると判断した。

サドル窃盗疑い「収集楽しく」

 大阪府東大阪市で自転車のサドルを盗んだとして、河内署は28日までに、窃盗の疑いで静岡県沼津市、トラック運転手須田広昭容疑者(57)を逮捕した。署によると「約25年前に仕事のストレス解消で東京や大阪で盗み始め、収集がだんだん楽しくなった」と容疑を認めており、署は須田容疑者が借りていた貸倉庫からサドル約5800個を押収した。

パワハラ自殺で賠償命令、高知

 高知県土佐市でトマトの生産などを行う「池一菜果園」に勤めていた女性=当時(59)=が上司のパワハラや長時間労働が原因で精神障害を発症し自殺したとして、遺族が同園と社長ら2人に計約6400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、高知地裁は28日、計約4960万円の支払いを命じた。

同室の受刑者に尿飲ませた疑い

 松山刑務所(松山市)は28日、同室の男性受刑者に食器用洗剤などを混ぜた水や自分の尿を飲ませたとして、強要の疑いで20代男性受刑者を書類送検した。容疑を認めている。

ドローン、番号表示を義務化

 政府は28日、小型無人機ドローンに識別番号を割り当て、機体への表示を義務付ける航空法改正案を閣議決定した。事故やトラブル増加を受け、所有者を特定しやすくする。2022年度をめどに登録を始められるようにする。

京アニ義援金、配分額決定

 京都アニメーション放火殺人事件で、京都府が設置した義援金配分委員会は28日、第3回会合を開き、犠牲者36人の遺族と負傷者ら34人への配分額を決定した。

五輪控え、国立競技場で消防演習

 東京消防庁は28日、東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場(東京都新宿区)で震度7の地震が起きたと想定した消防演習を実施した。3月1日に始まる春の火災予防運動の一環。