エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

あおり運転疑いで僧侶を書類送検

 大阪府警北堺署は22日までに、乗用車で急ブレーキを繰り返すあおり運転をしたとして、暴行容疑で同府松原市の男性僧侶(61)を書類送検した。21日付。「パッシングされ、注意してやろうと思ってブレーキを踏んだ」と容疑を認めている。

参院選選挙違反の摘発、過去最少

 警察庁は22日、7月の参院選の選挙違反取り締まり状況を発表した。投票後30日に当たる8月20日現在、37事件で52人を摘発し、うち逮捕者は13人だった。参院選では、いずれも過去最少となった。

岩手の語り部、和歌山で講演会

 南海トラフ巨大地震の発生時に短時間で津波が来ると想定されている和歌山県串本町で22日、東日本大震災で被災した岩手県の語り部による講演会が開かれた。企画した岩手大の広田純一教授(64)は「命を守るため本気で避難訓練を」と呼び掛けた。23日まで町の沿岸部6地区を巡回する。

母子3人死事故で実刑判決

 昨年10月に兵庫県加古川市の自動車専用道路「加古川バイパス」で母子3人が死亡した多重事故で、トラックで母子の軽乗用車に追突したとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた韓国籍の無職金哲寿被告(60)に神戸地裁(神原浩裁判官)は22日、禁錮3年(求刑禁錮4年)の判決を言い渡した。

横浜市がIR誘致表明、4カ所目

 横浜市の林文子市長は22日、市役所で記者会見し、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を誘致することを正式表明した。山下公園に隣接する横浜港・山下ふ頭(同市中区)に整備し、2020年代後半の開業を目指す。大阪府・市、和歌山、長崎両県に続き、誘致表明は4カ所目となる。

飲料味薄いと刑務官に暴行、愛知

 名古屋刑務所(愛知県みよし市)で昨年8月、刑務官の顔を殴りけがをさせたとして、同刑務所は22日、公務執行妨害と傷害の疑いで50代の受刑者の男を書類送検した。同刑務所によると、男は熱中症対策として渡されたスポーツドリンクの味が薄かったとして腹を立てたという。

女子高に侵入のサルを捕獲、福岡

 22日午前、福岡市西区の市立福岡女子高校の校舎内にサルが出没したと同区に連絡があった。区などによると、午前11時半ごろ地元の猟友会らが捕獲し、立ち会った区の男性職員1人が頬を引っかかれるなどして軽いけがをした。生徒や教員にけがはなかったという。

知的障害者の親には賠償認めず

 大分市のマンション階段で2014年、知的障害のある無職男性=当時(42)=から突き飛ばされ死亡した男性管理人=同(62)=の遺族が、監督義務違反を理由に男性の両親に計約5364万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、大分地裁であった。佐藤重憲裁判長は請求を棄却した。

女子大生誤認逮捕「極めて遺憾」

 愛媛県警による女子大生誤認逮捕問題に関し、山本順三国家公安委員長は22日の記者会見で「極めて遺憾。私自身の地元の話だが、大変怒りを持って推移を見守っている」と話した。

上皇ご夫妻、軽井沢へ

 上皇ご夫妻は22日、静養のため、北陸新幹線で長野県軽井沢町に入られた。27日に群馬県草津町へ移り、30日に帰京する。在位中から軽井沢と草津での静養は夏の恒例。上皇后美智子さまは帰京後、乳がんの手術を控えている。