エディション:
日本

国内政治ニュース(共同通信)

新型コロナで日中協力確認

 自民党の二階俊博幹事長は29日、中国外交担当トップの楊潔チ中国共産党政治局員と東京都内で会談した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に対し、日中両国が協力して「互いに乗り越えよう」と確認した。

「習氏来日は成果必要」と一致

 茂木敏充外相は28日、来日した中国外交担当トップの楊潔チ・共産党政治局員と外務省で会談した。両氏は4月に予定する習近平国家主席の国賓来日について「10年に一度のことで十分な成果を上げる必要がある」として、緊密な意思疎通を続ける方針で一致した。「現時点で予定に変更はない」とも確認した。新型コロナウイルスの影響を見極めて最終判断するとみられる。楊氏は安倍晋三首相や北村滋国家安全保障局長とも会談した。

静岡4区補選は予定通り

 安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会で、望月義夫元環境相の死去に伴う衆院静岡4区補欠選挙(4月14日告示、26日投開票)について予定通り実施すべきだとの考えを示した。自粛を求めた全国的なスポーツや文化イベントに「該当していない」と述べた。国民民主党の渡辺周氏への答弁。

参院の新しい議員宿舎完成

 参院の新しい清水谷議員宿舎(東京・紀尾井町)が完成し、報道陣に28日公開された。全戸のリビングに床暖房を付け、全ての居室にエアコンを完備した。周辺マンションの家賃相場に比べて割安で、厚遇批判も上がりそうだ。

20年度予算案、衆院を通過

 一般会計総額が102兆6580億円と過去最大となる2020年度予算案は28日の衆院本会議で、与党などの賛成多数で可決、衆院を通過した。憲法の衆院優越規定により、3月中の成立が確定した。

野党「ウイルス予算なし」と批判

 野党は28日に衆院を通過した2020年度予算案について「新型コロナウイルス関連の予算が全く入っていない。考えられない」(立憲民主党の安住淳国対委員長)と一斉に批判した。3月2日に始まる参院予算委員会の審議では、初動態勢の在り方などを厳しく追及する方針だ。

森法相の不信任案を否決、衆院

 衆院は27日午後の本会議で、立憲民主党など野党4党が提出した森雅子法相に対する不信任決議案と棚橋泰文衆院予算委員長(自民党)の解任決議案を、与党などの反対多数で否決した。与野党は2020年度予算案を巡り、28日に衆院予算委員会と本会議で採決する日程で合意した。衆院を通過する見通しで、3月末までの年度内成立が確実となる。

病院船導入、超党派で立法目指す

 災害時に負傷者らの治療や輸送ができる「病院船」の導入を目指す超党派議員連盟の設立総会が27日、国会内で開かれた。政府に病院船の整備を求める法案の議員立法での提出に向けて、各党代表者によるプロジェクトチームで検討を進める方針で一致。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、議論を活性化させたい考えだ。

北村地方創生担当相が発言を陳謝

 北村誠吾地方創生担当相は27日の衆院予算委員会で、自身の国会答弁に関し「詰まって非常に有名になり、誠にありがたい」と発言したことを陳謝した。「さまざまな方々が気に掛けてくださったことをありがたいと申し上げた。必ずしも適切でない部分があったと反省している」と述べた。

河野防衛相、不満の投稿を陳謝

 河野太郎防衛相は27日の衆院予算委員会で、国会審議で答弁機会がないのに、出席を求められたことへの不満を26日のツイッターに投稿したことを陳謝した。「(野党に責任があるかのような)誤解を生まないように、しっかり訂正したい」と釈明した。立憲民主党の川内博史氏への答弁。