エディション:
日本

テクノロジー

米中通商合意、不十分な紛争処理制度 離脱に至る可能性も

トランプ米政権は、中国との「第1段階」通商合意に盛り込まれた紛争処理および履行徹底のメカニズムが、中国の貿易慣行に関して過去に交わした約束と大きく異なる点だと主張する。ただ、合意文書によると、同メカニズムに基づき米側が中国による約束の反故(ほご)を理由に関税を再発動させた場合、合意そのものが崩壊する可能性をはらんでいる。

東芝機械、東芝D&Sにニューフレア株売却へ TOB成立の公算

東芝機械は15日、同社が保有するニューフレアテクノロジー株式の全てを東芝の連結子会社である東芝デバイス&ストレージ(東芝D&S)に売却することを取締役会で決議したと発表した。これにより、東芝D&Sによるニューフレア株式の公開買い付け(TOB)は成立する公算が高まった。東芝D&Sは16日までTOBを実施している。