エディション:
日本

ワールド

焦点:サウジ防空システムに欠陥、ドローン攻撃に無防備

サウジアラビアは、高高度からの攻撃を抑止するため、数十億ドルを費やして西側から最新鋭の防空システムを購入してきた。だが、同国の巨大な石油産業の施設が大打撃を受け、安価な小型無人機ドローンや巡航ミサイルによる攻撃からの防御には、全く役立たないことが、図らずも証明されてしまった。

英離脱交渉、EUは来月の首脳会議決裂を警戒

英政府は19日、欧州連合(EU)離脱案の見直しに向けた文書を提出したが、EU内では英政府が来月17─18日のEU首脳会議に過度な期待をかけているのではないかとの懸念が浮上している。

米首都ワシントンで銃撃、1人死亡・5人負傷=警察

首都警察のエマーマン署長は、19日夜の時点で容疑者は拘束されておらず、動機は不明だと述べた。その上で、発砲が続いている状況ではないとし、目撃情報や防犯カメラの映像などを収集していると説明した。5人の負傷者うち2人は重体だとした。

国連総会で訪米し米・ロ・イランと会談、韓国とは未定=茂木外相

茂木敏充外相は20日の閣議後会見で、国連総会に合わせて24日から27日まで訪米し、主要国(G7)外相会合などに出席すると発表した。米国やロシア、イラン、インドなどの外相との会談も予定。韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相との会談は未定という。

韓国からの2国間協議要請を受け入れ=輸出管理強化で菅原経産相

菅原一秀経済産業相は20日の閣議後会見で、輸出管理の運用見直しを巡って韓国が世界貿易機関(WTO)協定に基づき求めていた2国間協議について「受け入れる」と述べ、協議を開始することを明らかにした。日程については「今後、外交ルートを通じて調整する」とした。