エディション:
日本
Photo

日経平均は続伸、米株高が支え 日経平均は200円超す上昇

3:27pm JST

[東京 13日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は続伸した。米中通商協議を巡る懸念が後退したとの見方から前日の米国株が上昇。この流れを引き継ぎ日本株は上昇スタートとなり、先物主導で上げ幅を拡大した。あすのメジャーSQ(特別清算指数)算出に向けた株高の思惑や円安方向に振れた為替も下支え要因となった。上げ幅は一時260円を超えたが、今晩の欧州中央銀行(ECB)理事会を控え様子見ムードも強く、大引けにかけては伸び悩んだ。記事の全文

Photo

オリンパス、損失計上先送りでの損害賠償請求訴訟が全て解決 3:25pm JST

[東京 13日 ロイター] - オリンパスは13日、過去の損失計上先送り問題で資本市場関係者から提起されていた損害の賠償を求める訴訟が全て解決することになったと発表した。

Photo

ドル113円半ば、ECBの政策スタンス見極めへ 3:23pm JST

[東京 13日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ややドル高/円安の113円半ばだった。欧米株高の流れを引き継いだ日経平均が前引けにかけて上げ幅を拡大。ドル/円は連れ高となり一時113.50円まで上昇した。その後は今晩の欧州中央銀行(ECB)理事会を意識して様子見姿勢が強まった。

Photo

焦点:目立ってきた物価下押し材料、日銀に「長期戦」強いる展開も 2:40pm JST

[東京 13日 ロイター] - 物価2%目標の早期実現を目指す日銀にとって、内外情勢に暗雲が立ち込めてきた。原油価格の下落や、2019年に予想される携帯電話料金の値下げ、幼児教育無償化など物価押し下げ要因が、相次いで出てくるからだ。民間エコノミストの中には、2019年後半にも消費者物価(除く生鮮食品、コアCPI)が再びマイナスに転落するとの予想も浮上している。

Photo

景気「いざなぎ」超えと内閣府正式認定、14年増税後も回復継続と判断 2:25pm JST

[東京 13日 ロイター] - 内閣府は13日、景気動向指数のあり方を検証する景気動向指数研究会(座長:吉川洋立正大学教授)を開催し、2012年12月から始まる現在の景気回復が2017年9月時点で、高度成長期に57カ月続いた「いざなぎ景気」を超え戦後2番目の長さとなったと正式に判断した。来年1月まで景気回復が続けば、戦後最長の74カ月となる。

Photo

ヤマハ発、東南ア配車グラブに1.5億ドル出資 二輪配車事業で提携 1:34pm JST

[東京 13日 ロイター] - ヤマハ発動機は13日、シンガポールに本社を置く配車サービス大手グラブと、インドネシアを中心とする東南アジア地域での二輪配車事業に関連した戦略的業務提携で合意したと発表した。ヤマハ発はグラブに1億5000万ドル出資する。

Photo

米住宅ローン申請指数、約2カ月ぶり高水準 金利低下で 12:59pm JST

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米抵当銀行協会(MBA)が発表した12月7日終了週の住宅ローン申請指数(季節調整後、新規購入・借り換え含む)は、前週比1.6%上昇し346.0となった。

Photo

正午のドルは113円半ば、1週間ぶり高値圏 12:15pm JST

[東京 13日 ロイター] - 正午のドルは、前日NY市場終盤の水準から小幅高の113円半ば。一時113.50円まで上昇し、前日につけた1週間ぶり高値に迫った。

Photo

前場の日経平均は続伸、米株高が支援 上げ幅200円超す 12:07pm JST

[東京 13日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比214円87銭高の2万1817円62銭となり続伸した。米中通商協議を巡る懸念が後退したとの受け止めから前日の米国株は上昇。これを支えに日本株は上昇スタートとなり、先物主導で上げ幅を拡大した。日経平均は取引時間中としては1週間ぶりの高値水準を付けた。

Photo

日産自、ゴーン容疑者側のリオ住宅立ち入り「まだ認められず」 11:47am JST

[サンパウロ/東京 12日 ロイター] - 日産自動車は、前会長カルロス・ゴーン容疑者のブラジル・リオデジャネイロの住宅について、同容疑者や代理人はまだ立ち入りを認められていないとの見解を示した。

Topics also related to Business:

トップセクション