エディション:
日本
Photo

日銀、金融政策は現状維持の公算 短観が拡大シナリオ裏付け

7:56pm JST

[東京 13日 ロイター] - 日銀は18─19日の金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を決める公算が大きい。生産などで弱い指標が出ているものの、日銀内では短観結果も含めて景気拡大シナリオを修正するまでの材料は出ていないとの見方が目立つ。日銀は引き続き海外経済の下振れリスクを注視する方針だが、米国の対中追加関税の発動見送り報道や英国の総選挙での与党勝利などでマーケットはリスクオンに傾斜しており、追加緩和カードは温存する見通しだ。記事の全文

英選挙結果は短期的にポジティブ=ECB副総裁 7:36pm JST

[マドリード 13日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は13日、英選挙でジョンソン首相率いる与党・保守党が勝利したことについて、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感が払しょくされたとして、短期的にポジティブとの見解を示した。

ドイツ経済は成長低迷に直面、家計の購買力が低下=中銀 7:23pm JST

[フランクフルト 13日 ロイター] - ドイツ連邦銀行(中央銀行)は13日、家計の購買力が低下する中、輸出の好転見込みにもかかわらず、国内経済はさらなる低迷の年を迎えると指摘し、2020年の実質経済成長率見通しを0.6%へと半分に引き下げた。

Photo

アングル:日経平均バブル後最高値更新に現実味、金融政策への期待も支え 6:35pm JST

[東京 13日 ロイター] - 米中通商協議が好転するとの期待を背景に日経平均株価は500円超の上昇をみせており、バブル後最高値の更新が現実味を帯びてきた。最大の注目点であった米中関係悪化懸念が大きく後退したことで、今後の関心は金融政策にシフトするとの見方が出ている。米連邦準備理事会(FRB)が低金利政策を続けるとみられることも、株式市場の強気を支えている。

東京マーケット・サマリー(13日) 6:25pm JST

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

Photo

情報BOX:ニューフレアTOBに東芝とHOYAが名乗り 6:10pm JST

[東京 13日 ロイター] - 東芝が完全子会社化を目指して株式公開買い付け(TOB)を進めるニューフレアテクノロジーについて、HOYAも完全子会社化を目指してTOBを実施すると13日に発表した。投資家の村上世彰氏に近い企業もニューフレア株を買い進めており、状況は混沌としてきた。

Photo

今年度補正予算3.2兆円、税収下振れで赤字国債を2.2兆円追加発行 7:03pm JST

[東京 13日 ロイター] - 政府は13日の臨時閣議で、2019年度補正予算案を決定した。経済対策を受けて4兆4722億円を追加歳出する。低金利による国債費の減額などで補正予算の規模は3兆1946億円となる。歳入では、税収が当初見通しを下振れることで赤字国債を2兆2297億円追加発行する。税収下振れに伴う赤字国債の発行は3年ぶり。

ニューフレア、HOYAのTOB方針に「精査した上で見解を公表」 6:01pm JST

[東京 13日 ロイター] - ニューフレアテクノロジーは13日、HOYAが同社に対する株式公開買い付け(TOB)方針を同日に発表したことについて今後、開示文書などを精査した上で見解を公表するとのコメントを発表した。HOYAのTOB方針は、事前の協議や相談もなく発表されたと説明している。

Photo

独デリバリー・ヒーロー、韓国食品配達ウーワを40億ドルで買収へ 5:17pm JST

[ソウル 13日 ロイター] - ドイツの食品配達サービス企業デリバリー・ヒーローは、韓国の同業ウーワ・ブラザーズを40億ドルで買収することで合意した。ウーワ・ブラザーズが13日、明らかにした。合弁会社を設立し、グラブやウーバー・イーツ、ゴジェックに対抗する。

Photo

日経平均は年初来高値を更新、2万4000円台を回復 5:02pm JST

[東京 13日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅続伸、節目の2万4000円を上回り年初来高値を更新した。米中が通商協議で原則合意に達したと伝わったことにより米国株式市場が最高値を更新したことや、109円後半での円安基調となったドル/円為替相場が支援材料。東証1部の売買代金は6日ぶりに2兆円を超え、今年最高となった。

Topics also related to Business:

トップセクション