エディション:
日本

自動車産業の未来

トヨタ、スズキにHVシステム供給 互いにOEM供給も

トヨタ自動車とスズキは20日、トヨタのハイブリッド車(HV)のシステムをスズキへ供給するなど新たな協業について具体的な検討に入ることで合意したと発表した。トヨタの電動化技術、スズキの小型車技術を持ち寄って競争力を向上させる。OEM(相手先ブランドによる生産)供給など開発・生産面での協業も検討する。

独賢人委、19年の成長率予想を0.8%へ引き下げ

ドイツ政府の経済諮問委員会(5賢人委員会)は19日、今年の成長率見通しを0.8%へ引き下げ、英国の欧州連合(EU)離脱、貿易摩擦、中国経済の予想を上回る減速に関するリスクは引き続き高いと指摘した。同委員会は昨年11月時点では1.5%の伸びを見込んでいた。

日産ゴーン会長逮捕

カルロス・ゴーン氏の役員報酬
グラフィックス
株価
自動車各社の株価
写真

隠れた環境危機

地球の7割を覆っている海洋に住む生物に何が起きているのか。  記事の全文 

写真

右傾化するポーランド

ポーランドはなぜ欧州に背を向けたのか。  記事の全文 

写真

「トランプの罠」警戒

米中間選挙で共和党候補が警戒した「トランプの罠」とは何か。  記事の全文 

写真

最強ドイツの泣き所

欧州最強の経済大国ドイツだが、デジタル時代への適応が進まず悪戦苦闘している  記事の全文 

写真

iQOSで喫煙データ収集

加熱式たばこiQOSの、喫煙者に恩恵をもたらさない機能とは。  記事の全文 

ニュース一覧

日産・企業統治委、社外取締役の役割強化提言 27日公表

日産自動車のガバナンス(企業統治)のあるべき姿を議論してきた「ガバナンス改善特別委員会」が17日、4回目の会合を東京都内で開き、同社への提言の骨子を固めた。同委員会のメンバーは、指名委員会等設置会社への移行、取締役会議長は社外取締役が担うことなどを提言に盛り込む方向でほぼ一致した。関係筋が明らかにした。

かんぽ生命、19年度以降に株式の自家運用を倍増 4000億円めど

かんぽ生命保険は、2019年度以降、株式資産の自社でアクティブ運用する比率を従来の2倍となる2割をめどに徐々に引き上げる。現在は株式資産の大半を外部機関に委託してパッシブ運用しているが、独自のESG(環境、社会問題、企業統治)評価などを使って成長株や高配当株に投資する。運用部門を率いる立花淳常務執行役(チーフ・インベストメント・オフィサー、CIO)がロイターの取材で明らかにした。

ルノー・日産連合、意思決定の合理化必要─スナール会長=仏紙

仏ルノーのジャンドミニク・スナール会長は、ルノーと日産自動車はアライアンス(連合)の意思決定を合理化する必要があるとの見解を示した。また、株式の持ち合いを拡大することは現時点で計画していないとした。仏紙フィガロ(電子版)に17日に掲載されたインタビューで述べた。

ロイターニュースランキング