エディション:
日本
Photo

中期防総額、27兆円程度で最終調整 過去最大更新=関係筋

2018年 12月 11日

[東京 11日 ロイター] - 政府は今月中にまとめる次期中期防衛力整備計画(中期防)の総額について、2019年度からの5年間で27兆円程度とする方向で最終調整に入った。最新鋭ステルス戦闘機・F35の大量追加購入などで2期連続の増加となり、過去最大規模となる見込み。前期比では2兆円程度と大幅な増額となる。関係筋が11日明らかにした。記事の全文

Photo

訂正:与党、護衛艦「いずも」の空母化を条件付きで了承=関係者 2018年 12月 11日

[東京 11日 ロイター] - 新たな防衛大綱と次期中期防衛力整備計画(中期防)に関する自民・公明両党のワーキングチームは11日、護衛艦「いずも」を空母に改修する政府案について、条件付きで了承した。関係者が明らかにした。

Photo

焦点:温暖化で危険な「雑種フグ」急増、問われる安全管理 2018年 12月 11日

[下関市(山口県) 11日 ロイター] - 夜明け前の暗闇に包まれた午前3時10分、天井からの投光に照らされた市場の一角にメリハリのある声が響いた。「えか、えか、えか」。黒い筒状の布袋で手を隠した競り人が進み出ると、周囲の人々がひとりひとり袋の中に手を入れ、値決めのやり取りをする。

Photo

防衛大綱骨子案、垂直着陸機の保有提唱 「中国は強い懸念」 2018年 12月 11日

[東京 11日 ロイター] - 政府は11日に開かれた「安全保障と防衛力に関する懇談会(座長:日本商工会議所の三村明夫会頭)」で、月内に取りまとめる新しい防衛大綱の骨子案を示した。中国について「国際社会の安全保障上の強い懸念」と名指しした。今後の防衛力強化策として、最新鋭ステルス戦闘機F35Bや空母の導入を念頭に、短距離離陸・垂直着陸機の運用を可能とする措置を記載した。

Photo

ゴーン容疑者、リオの住宅立ち入り申請 所有物の回収求める 2018年 12月 11日

[サンパウロ/東京 10日 ロイター] - 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者が、ブラジル・リオデジャネイロの住宅から「個人の所有物や文書、現金、物品、美術品」の回収を求めていることが、同社がブラジルの裁判所に提出した文書で分かった。日産によると、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で逮捕・起訴された事件の証拠を含む可能性があるという。

Photo

ゴーン、ケリー両容疑者と日産を東京地検が起訴 2人を再逮捕 2018年 12月 10日

[東京 10日 ロイター] - 東京地検特捜部は10日、日産自動車の有価証券報告書に役員報酬を約50億円少なく記載したとして、前会長のカルロス・ゴーン容疑者と前代表取締役、グレゴリー・ケリー容疑者、法人としての日産を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で起訴した。

トップセクション