エディション:
日本
Photo

基礎的財政収支、低成長が継続なら10年後も赤字=内閣府試算

2021年 01月 21日

[東京 21日 ロイター] - 内閣府は21日、国と地方の財政収支の見通し「中長期の財政に関する試算」を経済財政諮問会議に提出した。政府は2025年度の基礎的財政収支(PB)黒字化目標達成を掲げているが、現状の潜在成長率が続く場合、30年度でも国内総生産(GDP)比1.6%程度の赤字が残る見通しで、10年後においても黒字化は達成できない。実質2%・名目3%の高成長を前提にすれば、前回同様29年度に黒字化する見通しとしている。記事の全文

Photo

持続性高め、変化に機動的に対応=政策点検で黒田日銀総裁 2021年 01月 21日

[東京 21日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は21日、金融政策決定会合後の会見で、前回12月の会合で決めた金融政策の点検の方向性について認識を共有したとし、大規模な金融緩和の効果や金融仲介機能への影響、副作用などを点検すると述べた。緩和政策の長期化が予想される中、「持続性を高めるとともに変化に機動的に対応できるようにする」とした。しかし、点検の結果、イールドカーブ・コントロール(YCC)の運営や資産買い入れがどう変わるのかについては言及しなかった。

Photo

政治家の出処進退は自ら決断を=河井案里議員の有罪判決で官房副長官 2021年 01月 21日

[東京 21日 ロイター] - 岡田直樹官房副長官は21日午後の記者会見で、参院選買収事件で東京地裁が河井案里議員に有罪判決を言い渡したことについて、一般論として「政治家は責任を自覚して国民に疑念を持たれないよう襟を正すべきだ」と述べた上で「政治家の出処進退は自らが決めるべきものだろう」と指摘した。

Photo

東京都で新たに1471人が新型コロナに感染、重症159人 2021年 01月 21日

[東京 21日 ロイター] - 東京都は21日、新たに1471人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。21日現在の重症者は159人。前日は160人だった。なお、国への報告基準で数えた重症者は535人(うちICU入室または人工呼吸器かECMO使用208人)。

Photo

対面型サービス消費、下押し圧力強い状態続く=日銀展望リポート 2021年 01月 21日

[東京 21日 ロイター] - 日銀は21日に公表した「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)で、国内の景気について、新型コロナウイルス感染症の影響で引き続き厳しい状態だが「基調としては持ち直している」との判断を示した。感染症への警戒感が続く中、改善ペースは緩やかなものにとどまる見通し。足元で感染が再拡大していることを受け、今回新たに「対面型サービス消費を中心に下押し圧力の強い状態が続くとみられる」との見方を加えた。

パナソニック、コロナワクチンの保冷容器開発 零下70度で18日 2021年 01月 21日

[東京 21日 ロイター] - パナソニックは21日、新型コロナウイルスワクチン向けの真空断熱保冷ボックスを開発したと発表した。ドライアイスなどの保冷材を用いて、零下70度の状態を最長で18日間、保持できるという。今年度末から製薬会社や流通業者などへのサンプル提供を開始し、早期の商品化を目指すとしている。

トップセクション