エディション:
日本
Photo

米国株が上昇、米中通商合意への期待で ダウ・ナスダック8週連続値上がり 2019年 02月 16日

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米国株式市場は主要株価3指数がそろって上昇。米中が貿易摩擦解消に向け通商合意にこぎ着けるとの期待が株価への追い風となった。記事の全文

Photo

ムーディーズ、キヤノンのAa3格付けを格下げ方向で見直し

[東京 15日 ロイター] - ムーディーズ・ジャパンは15日、キヤノンの発行体格付けAa3を格下げ方向で見直しの対象とすると発表した。主力の複合機などオフィス事業やイメージングシステム事業が市場の長期的な成熟・縮小傾向に今後も直面するというムーディーズの懸念を反映したという。

Photo

コラム:日本の「鎖国マインド」解くための処方箋

[東京 11日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 日本の相撲界は、この国の行く末を暗示しているようだ。日本出身力士として約20年ぶりに横綱に上り詰めた稀勢の里は数週間前、涙ながらに引退を表明した。この間、彼以外の横綱は、大半がモンゴル出身者だった。

Photo

地銀50行、スマホでQR決済へ 2019年 02月 16日

 千葉銀行や西日本シティ銀行といった全国50行強の地方銀行が、スマートフォンでQRコードを読み取って代金の支払いや送金ができるみずほフィナンシャルグループ(FG)の新たな決済サービス「Jコインペイ」を3月25日から順次導入することが16日、分かった。各行とも預金口座を持つ個人が対象となる。関係者が明らかにした。

Photo

コラム:大幅減の対中工作機械受注、指し示す本当の姿は何か

[東京 15日 ロイター] - 工作機械受注のデータが悪化している。昨年10月以降、中国向けを中心に外需が前年比マイナスとなっていたが、今年1月分は内需も落ち込み、全体で前年比18.8%減と急ブレーキがかかっている。

Photo

日産会長職の権限縮小を提言へ

 日産自動車が設置した外部の弁護士らでつくる「ガバナンス(統治)改善特別委員会」が、カルロス・ゴーン被告が務めた会長職の権限縮小を柱とする提言をまとめる方向で調整していることが17日、分かった。取締役会議長を社外取締役が担うなど経営執行と監督の役割を分け、権限集中を防ぐ狙い。4割超の日産株を握るフランスの自動車大手ルノーは会長職を求めているとされるが、会長に就いても影響力は限定的になる。

写真

隠れた環境危機

地球の7割を覆っている海洋に住む生物に何が起きているのか。  記事の全文 

写真

右傾化するポーランド

ポーランドはなぜ欧州に背を向けたのか。  記事の全文 

写真

「トランプの罠」警戒

米中間選挙で共和党候補が警戒した「トランプの罠」とは何か。  記事の全文 

写真

最強ドイツの泣き所

欧州最強の経済大国ドイツだが、デジタル時代への適応が進まず悪戦苦闘している  記事の全文 

写真

iQOSで喫煙データ収集

加熱式たばこiQOSの、喫煙者に恩恵をもたらさない機能とは。  記事の全文 

トップセクション