エディション:
日本

ロイター・インタビュー

Photo

インタビュー:スルガ銀はM&A対象でない、再生支援で出資も=新生銀社長

[東京 13日 ロイター] - 新生銀行の工藤英之社長は、ロイターとのインタビューで、業務提携したスルガ銀行に再生支援の目的で出資する可能性はあるものの、M&A(企業の合併・買収)の対象ではないと述べ、将来的な経営統合を否定した。

インタビュー:収益力は8000億円狙う水準に=三井住友FG社長

[東京 7日 ロイター] - 三井住友フィナンシャルグループの太田純社長は、ロイターとのインタビューで、来年度からスタートさせる次期中期経営計画では、トップラインを増やすことで実力ベースの当期利益を現在の6000億円台から8000億円を狙う水準に引き上げたいと語った。

Photo

インタビュー:成長投資、デジタル技術活用を軸に=みずほFG社長

[東京 4日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長は、2019年度から始まる5カ年計画について、投資余力は十分にあるとし、株主還元の現状維持を図りながら、デジタル技術を活用した領域に成長投資を行っていく考えを示した。

Photo

インタビュー:消費増税延期の選択「あり得ない」=三村日商会頭

[東京 30日 ロイター] - 日本商工会議所の三村明夫会頭は、ロイターとのインタビューで、消費税増税を巡って安倍晋三首相の周辺から延期を示唆する発言が出たことについて「増税まであと数カ月に迫る中で、上げない選択はあり得ない」と述べ、予定通り実施すべきとの考えを示した。インタビューは29日に実施した。

Photo

インタビュー:個人向けプロアドバイザー300人、自前で養成=りそなHD社長

[東京 29日 ロイター] - りそなホールディングスの東和浩社長はロイターとのインタビューで、個人営業部門に独立系金融アドバイザー(IFA)並みの技量を備えたプロフェッショナル営業職員を2022年度までに300人配置する方針を明らかにした。7月に企業研修組織「りそなアカデミー」を設置し、自前で養成する。

Photo

インタビュー:消費増税に向け、米中摩擦が最大の懸念=自民総務会長

[東京 24日 ロイター] - 自民党の加藤勝信・総務会長は24日、ロイターとのインタビューに応じ、現時点でリーマン・ショック級の事態が起こるとは想定できないと述べた。その上で、今年10月の消費税率引き上げは「このまま行けば」予定通りに実施するとの従来見解を繰り返した。

Photo

インタビュー:中堅規模のM&A業務、10年で世界トップに=大和証

[東京 21日 ロイター] - 大和証券グループ本社の中田誠司社長はロイターとのインタビューで、中堅規模(ミッドキャップ)のM&A(買収・合併)業務で、10年以内にリーグテーブルでグローバルトップを目指すと語った。

Photo

インタビュー:消費増税凍結必要、実施なら日本発リーマン級危機も=本田氏

[東京 16日 ロイター] - 前スイス大使で安倍晋三首相の経済アドバイザーとして知られる本田悦朗氏(TMI総合法律事務所顧問)は16日、ロイターとのインタビューの中で、10月に予定されている消費税率引き上げを実施すれば、デフレ脱却が難しくなるだけでなく、日本発のリーマン・ショック級の危機誘発になりかねず、「増税凍結」が適切と述べた。

Photo

訂正:インタビュー:千葉銀との協業、役務収益の強化に=加藤・武蔵野銀頭取

[東京 22日 ロイター] - 埼玉県を地盤とする武蔵野銀行の加藤喜久雄頭取は22日、ロイターとのインタビューに応じ、日銀の異次元金融緩和で収益環境は厳しいものの、千葉銀行との協業で運用商品の販売を伸ばし、役務収益を強化する方針を示した。その上で2022年度の当期純利益の目標値100億円は「保守的な数字」だと話した。

Photo

インタビュー:投資銀行モデルは崩壊、顧客基盤ベースに独自路線=永井・野村CEO

[東京 19日 ロイター] - 野村ホールディングスの永井浩二グループCEO(最高経営責任者)はロイターとのインタビューで、バルジブラケット(巨大投資銀行)が持っていた伝統的なビジネスモデルは崩壊し、各投資銀行が独自のモデルを模索しているとの認識を示した。そのうえで野村は、強固な国内の顧客基盤をベースに投資銀行業務を発展させるのが課題との考えを示した。

Photo

コラム:令和時代のIT化、分断生まぬ「和」の新システムを

[東京 3日 ロイター] - 「令和」の時代が始まった。平成の31年間で社会や経済環境が大きく変わったが、その数倍の速さと規模で、日本を取り巻くグローバルな環境や日本国内の社会構造、経済のあり方も大きく変貌するだろう。

Photo

コラム:「令和」に持ち越す負の遺産、くすぶる増税延期論=熊野英生氏

[東京 30日] - 景気情勢を巡る雰囲気は、4月1日に新元号「令和」が発表されて以降、がらりと変わった。新しい時代を前に人々のマインドが前向きに切り替わり、景気後退の話題は忘れ去られたようにみえる。

Photo

コラム:令和時代の為替相場、注目すべきポイント=尾河眞樹氏

[東京 27日] - 5月1日にいよいよ改元となり「令和」の時代に入る。新しい時代の金融市場を考えるにあたり、平成30年間のドル円相場を振り返ってみた。筆者が過去から学んだ「相場に向き合う際の注意点」を、筆者なりの観点で3点だけご紹介したい。

Photo

情報BOX:新天皇陛下のお言葉全文、即位後朝見の儀で

[ 1日 ロイター] - 新天皇陛下が1日、即位され、平成から令和に元号が変わった。「即位後朝見の儀」に臨まれた新天皇陛下が、国民に向けて述べられた初めてのお言葉は次の通り。 | ビデオ

トップセクション