エディション:
日本

キャリア・ライフ

「新たな働き方」実現へ環境整備、銀行間手数料見直しも=成長戦略原案

政府は3日の未来投資会議で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う「新しい働き方」を実現するための具体策を柱とする成長戦略原案を提示した。銀行間ネットワークシステム「全国銀行データ通信システム(全銀システム)」の手数料見直しも明記した。経済財政運営の指針(骨太方針)と併せ、17日にも閣議決定する。

オンライン調査

世界の幸福度ランキング
データでみる日本の「働き方」

ニュース一覧

ソフトバンク第2弾ファンド、医療診断とAI関連の新興2社に出資

ソフトバンクグループは24日、傘下の巨額投資ファンド第2弾「ビジョン・ファンド2」を通じて新興企業2社に出資した。対象となったのは米カリフォルニア州を拠点に医療診断サービスを手掛けるカリウスと、人工知能(AI)を駆使した社内管理プラットフォームを提供するニューヨークのビヘイボックスだ。

ソフトバンク支援のクラウドマインズが人員削減実施=関係筋

ソフトバンク支援のAI企業が大幅人員削減か、手元資金枯渇

ソフトバンクグループが支援するロボット工学と人工知能(AI)を手掛ける新興企業、クラウドマインズが世界的に大規模な人員削減を実施していることが、複数の関係筋の話で分かった。同社は何回も上場を試みており、手元資金が枯渇しているという。

医療分野でのAI活用に期待、個人情報は保護=グーグルCEO

医療分野でのAI活用に期待、個人情報は保護=グーグルCEO

米アルファベットとその子会社グーグルの最高経営責任者(CEO)を務めるスンダー・ピチャイ氏は22日、医療分野は今後5─10年、人工知能(AI)の活用で最も大きな可能性が期待できる分野だと強調した。同時に個人情報への懸念に対しては、十分に配慮することを強調した。

中国、金融業界向けAI規制導入すべき=シンクタンク

中国、金融業界向けAI規制導入すべき=シンクタンク

中国のシンクタンク「中国金融四十人論壇」は22日、金融業界における人工知能(AI)の利用に関する規制上の枠組みを導入するとともに、業界全体の監視強化に向け、規制当局が用いる技術を向上するべきだとの見解を示した。

ロイターニュースランキング