エディション:
日本

特集 政局の行方

税収鈍化で黒字化27年度に、目標の25年度は赤字3.6兆円=内閣府試算

税収鈍化で黒字化27年度に、目標の25年度は赤字3.6兆円=内閣府試算

内閣府は17日、今後10年間の基礎的財政収支(PB)の見通しである「中長期の経済財政に関する試算」を経済財政諮問会議に提出した。税収減などが響き、黒字化の目標としていた2025年度は3.6兆円の赤字となり、黒字化は27年度になる見通しが示された。

主要ニュース(共同通信)

日米安保60年、変容迫られる

 【ワシントン共同】現行の日米安全保障条約は19日で署名から60年となった。両政府は長年、重要性を強調してきたが、「米国第一」を掲げ同盟関係を軽視するトランプ大統領は「不公平」と非難し、日本に一層の負担増を要求している。米国は「世界の警察官」を辞めると宣言し、中国は軍事力を増強、北朝鮮は核開発を続けてきた。東アジアの安保環境が激変する中、日米同盟も変容を迫られる可能性が高い。

陸と海、30%を保護区に

 人類の生存に欠かせない多様な生き物や生態系を守るため、世界の陸域と海域の少なくとも30%を保護区などにして保全したり、プラスチックごみ汚染を半減させたりするなど、2030年までに達成するべき新たな保全目標の素案を国連の生物多様性条約事務局がまとめたことが18日、分かった。開発や地球温暖化により生物多様性が損なわれ続け、新目標で保全強化を図る。

民放、東京五輪を日替わり放送

 7月開会の東京五輪の期間中、民放の地上テレビ各局が日単位で大会の担当局を決め、交代でほぼ終日、集中的に競技を放送することが18日、関係者への取材で分かった。

外国為替フォーラム

Photo

特別リポート:ロイターの香港報道を制限、リフィニティブが自己検閲

[ロンドン 12日 ロイター] - 今年8月、香港が反政府デモに揺れる中、ロイターは、暴動を鎮めるためにデモ参加者らの要求を一部受け入れたいという林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の秘密の提案を、中国政府が却下していたと報道した。中国当局が神経をとがらせかねない内容だった。

再送-特別リポート-ロイターの香港関連記事を制限、リフィニティブが検閲システム作成

[ロンドン 12日 ロイター] - 今年8月、香港が反政府デモに揺れる中、ロイターは、暴動を鎮めるためにデモ参加者らの要求を一部受け入れたいという林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の秘密の提案を、中国政府が却下していたと報道した。中国当局が神経をとがらせかねない内容だった。

Photo

特別リポート:伝説の香港大富豪、習主席との「長く特殊な関係」

[香港 27日 ロイター] - 1993年1月、ふくよかな頬と豊かな黒髪が目立つ、野心に富む39歳の中国共産党幹部が香港を訪れた。彼は、自らの地盤である二級都市・福州への投資を募る狙いで、立ち並ぶ輝かしい高層ビルのなか、香港の富裕層の面会を求めた。それが習近平氏だった。

Photo

特別リポート:「可能なら辞任する」、香港トップが明かした胸の内

[香港 2日 ロイター] - 香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が先週、実業家グループとの非公開会合で、香港の政治危機を巡り「言い訳のできない大混乱」を引き起こしたとし、選択肢があるなら辞任すると話していたことが分かった。録音された発言をロイターが確認した。 | ビデオ

ニュース一覧

安倍首相がUAE訪問、中東の緊張緩和へ外交努力で一致

安倍首相がUAE訪問、中東の緊張緩和へ外交努力で一致

中東を歴訪中の安倍晋三首相は13日、アラブ首長国連邦(UAE)を訪れ、アブダビ首長国のムハンマド皇太子と会談。日本とサウジ、UAEが湾岸地域の緊張緩和に向け協力すべきという見解で一致した。外務省当局者が明らかにした。

安倍首相、11日から予定通り中東3カ国訪問へ=関係筋

安倍首相、11日から予定通り中東3カ国訪問へ=関係筋

安倍晋三首相は11日から15日までの日程で中東のサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンを訪問する方針を固めた。米国とイランの対立の激化懸念を受けて政府内では一時訪問延期案も浮上したが、トランプ大統領が8日、イランによる攻撃への対応として武力行使見送りの方針を打ち出したことを受け、予定通り訪問する方針だ。

アングル:首相が「総裁任期全う」に言及、改憲発議に意欲か

アングル:首相が「総裁任期全う」に言及、改憲発議に意欲か

安倍晋三首相が年初の挨拶で来年9月の自民党総裁としての任期を意識した発言をしたことが、与党内で憶測を呼んでいる。任期満了まで責任をもつとの発言について、一部では任期中の憲法改正は事実上難しいが、改憲発議は実施したいとの意欲の表れとの解説も聞かれる。もっとも永田町界隈では、五輪花道論から総裁4選まで様々な可能性がささやかれており、ポスト安倍選びとあいまって与党内政局から目が離せない1年となりそうだ。

安倍首相の中東訪問、現地情勢見極めながら判断=菅官房長官

安倍首相の中東訪問、現地情勢見極めながら判断=菅官房長官

菅義偉官房長官は8日の会見で、イランが米軍が駐留するイラクの空軍基地に複数の弾道ミサイルを発射したことに関連して、深く憂慮しているとした上で、今月中旬に予定されている安倍晋三首相の中東訪問は現地情勢を見極めながら判断していく考えを示した。自衛隊の中東派遣については、現時点で方針に変更はないと語った。

1人当たりGDP・生産性の低さ、消費低迷の要因=三村日商会頭

1人当たりGDP・生産性の低さ、消費低迷の要因=三村日商会頭

日本商工会議所の三村明夫会頭は、7日、都内で開かれた経済3団体賀詞交歓会で、日本経済は1人当たり国内総生産(GDP)や労働生産性の低さに着目すべきと述べ、これらが消費低迷の要因となっているとの見方を示した。その上で、潜在成長率改善が急務と訴えた。

今年最大の課題、全世代社会保障改革を成し遂げる=安倍首相

今年最大の課題、全世代社会保障改革を成し遂げる=安倍首相

安倍晋三首相は7日都内で開かれた経済3団体の賀詞交歓会であいさつし、今年の内閣の最大のチャレンジである全世代型社会保障改革を成し遂げ、少子高齢化に立ち向かうと強調した。世界情勢が緊迫の度を強めており、日本独自の外交を粘り強く展開していくと述べた。

国内ニュース

ロイターニュースランキング