エディション:
日本

特集 政局の行方

岩手知事選、復興巡り与野党対決

 任期満了に伴う岩手県知事選が22日告示され、いずれも無所属で、4選を目指す現職達増拓也氏(55)=立憲民主、国民民主、共産、社民推薦=と、新人の元県議及川敦氏(52)=自民推薦=が立候補を届け出た。先の参院選後、埼玉県に続き与野党対決型の知事選となる。東日本大震災からの復興政策や現県政継続の是非が争点で、9月8日に投開票される。

参院選、摘発人数は過去最少

 警察庁は22日、7月の参院選の選挙違反取り締まり状況を発表した。投票後30日に当たる8月20日現在、37事件で52人を摘発し、うち逮捕者は13人だった。参院選での摘発人数は過去最少となった。

安倍首相、戦後最長政権に

安倍首相、戦後最長政権に

 安倍晋三首相は第1次政権からの通算在職日数が23日で2798日となり、戦後最長の佐藤栄作と並ぶ。今年11月19日には戦前の桂太郎の2886日に到達し、歴代1位となる見込みだ。北方領土問題を含むロシアとの平和条約締結や、北朝鮮による日本人拉致問題など残された課題の解決に全力を挙げる。

主要ニュース(共同通信)

中国、対米報復関税を発表

 【北京共同】中国政府は23日、米国からの輸入品約750億ドル(約8兆円)分に対し、最大10%の追加関税を課すと発表した。農産品や化学製品などが対象。米国が発動する予定の制裁関税「第4弾」への報復措置となる。9月から順次発動する。トランプ米大統領は第4弾に中国が報復すれば「究極の制裁手段」で応じると強硬姿勢を示しており、両国の対立が再び激化しそうだ。

アマゾンWSで大規模通信障害

 クラウドサービス大手の米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は23日、同日午後1時ごろから関東地方のデータセンターで大規模な通信障害が発生したと明らかにした。AWSを利用する多数のゲームやスマートフォン決済アプリ「ペイペイ」に加え、カジュアル衣料品「ユニクロ」のオンラインストアといったサービスが一時的に使えなくなる事態となった。

ロシアの船舶型原発が稼働へ

 【ムルマンスク共同】ロシアが開発した洋上に浮かび発電する船舶型原発「アカデミク・ロモノソフ」が23日、ロシア北部ムルマンスク港を出港した。9月下旬に同国北部チュコト自治管区ペベク港に到着し、年末にも港に係留した状態で地元向けの電力・熱供給を始める予定。産業用の船舶型原発の開発、稼働は世界で初めてで、安全性に懸念も出ている。

外国為替フォーラム

Photo

特別リポート:米中対立の最前線ポーランド、華為「スパイ」事件を追う

[ワルシャワ 2日 ロイター] - 今年1月の冷え込みの厳しい朝、ポーランドの国内公安機関(ISA)がワルシャワのアパートの一室に立ち入った。彼らは写真や電子機器を没収、アパートに住む外国人ビジネスマンを逮捕した。

Photo

特別リポート:乱立する「国境の壁」資金調達、寄付金の行方は不透明

[ワシントン 3日 ロイター] - 米国のトランプ大統領が看板政策として選挙公約に掲げていたのは、メキシコとの国境に「壁」を築くという構想だった。だがその夢は、相手国メキシコとの議論や、政府予算に影響力を持つ民主党議員からの反対を受け、泥沼にはまっている。

Photo

特別リポート:憂色深まる黒田日銀 財政との一体化にリスクも

[東京 18日 ロイター] - 昨年4月9日の午後、再任の辞令を受けるため首相官邸を訪れた黒田東彦日銀総裁は、にこやかに出迎えた安倍晋三首相と握手を交わし、報道各社のカメラに収まった。

Photo

特別リポート:ファーウェイ排除の内幕、激化する米中5G戦争

[キャンベラ 21日 ロイター] - 2018年初頭、オーストラリア首都キャンベラにある低層ビル群の内部では、政府のハッカーたちが、破壊的なデジタル戦争ゲームを遂行していた。 | ビデオ

ニュース一覧

国民、立民と会派合流了承

国民、立民と会派合流了承

 国民民主党は21日の総務会で、衆参両院の会派合流に関する立憲民主党との合意を了承した。出席者によると、玉木雄一郎代表は両党で温度差がある原発ゼロ基本法案の成立を立民が求めていると理解したが、中身は容認していないと説明した。異論は出なかった。

埼玉知事選は与野党総力戦

 事実上の与野党対決となった埼玉県知事選(25日投開票)は政権幹部や党首ら「大物」が続々と来援し、総力戦の様相だ。菅義偉官房長官らは、自民、公明両党推薦のスポーツライター青島健太氏(61)と国とのパイプを強調する。国民民主党の玉木雄一郎代表は政権が推す青島氏を念頭に「誰かの言いなりの知事はいらない」と、4野党が支援する元防衛政務官大野元裕氏(55)を援護射撃。応酬は熱を帯びる。

男性の育休取得、法整備検討へ

男性の育休取得、法整備検討へ

 自民党の「男性の育休義務化を目指す議員連盟」(会長・松野博一元文部科学相)は、男性社員の育児休業取得を義務化する法整備の検討に入った。関係者が21日、明らかにした。取得率の抜本的引き上げには、法制化が有効だと判断した。自民執行部の理解を得た上で、公明党も巻き込んで実現にこぎ着けたい意向。人手不足に悩む中小企業対策などの課題が実現へのハードルとなる。

小池都知事、二階氏と蜜月強調

小池都知事、二階氏と蜜月強調

 東京都の小池百合子知事と自民党の二階俊博幹事長が20日、小池氏を支援する政治団体「百乃会」が都内のホテルで開いたセミナーに講師としてそろって参加した。任期満了に伴う来年夏の都知事選まで1年を切る中、小池氏が対立の続く都議会自民党に対して党中枢との蜜月ぶりをアピールした形だ。

立憲と国民、衆参の会派合流合

立憲と国民、衆参の会派合流

 立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表は20日昼、国会内で会談し、衆参両院の会派を合流することで合意した。両氏は速やかに党内手続きを行うことも確認した。会談後、両氏が並んで発表した。秋の臨時国会に向け、野党共闘を強め、巨大与党に対抗する狙い。

参院選着ぐるみ運動員に報酬疑い

参院選着ぐるみ運動員に報酬疑い

 7月の参院選大阪選挙区に国民民主党から立候補し落選したタレントのにしゃんた氏(50)の選挙応援を巡り、ネコ型の着ぐるみ「にゃん太」を着た運動員に報酬を支払ったなどとして、大阪府警捜査2課は20日、公選法違反(買収など)の疑いで、広告代理店の社員ら計8人を書類送検した。捜査関係者らへの取材で分かった。

参院選の投票干渉疑いで書類送検

 7月の参院選で、特定の候補に投票するよう知人に干渉したとして、大阪府警は20日、公選法違反(投票干渉)の疑いで、大阪府守口市の70代の無職女性2人を書類送検した。

れいわが倍増、政党支持率

れいわが倍増、政党支持率

 共同通信の世論調査で、れいわ新選組の政党支持率が4・3%となり、参院選結果を受けて実施した7月の前回調査から2・1ポイント増えた。野党では、第1党の立憲民主党に次ぐ支持率で、共産党に並んだ。若者の支持が目立った。

青島、大野氏が激しく競る

 共同通信社は16~18日、任期満了に伴う埼玉県知事選(25日投開票)に関し電話調査を行い、取材を加味して情勢を探った。自民、公明両党が推薦するスポーツライター青島健太氏(61)と、立憲民主党など4野党が支援する元防衛政務官大野元裕氏(55)が激しく競り合う。NHKから国民を守る党の医師浜田聡氏(42)、元会社員桜井志津江氏(63)、元高校教諭武田信弘氏(65)は厳しい。いずれも新人で、浜田氏以外は無所属。

小泉氏、DeNA2軍拠点を歓迎

 神奈川県横須賀市内に新設されたDeNAの2軍施設「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」の完成式が17日に行われ、同市出身の自民党の小泉進次郎衆院議員が出席し「いつか横須賀の高校が甲子園に出て、ドラフトでDeNAに入る。段階的な活躍が見られる町になればいい」とエールを送った。

国内ニュース

ロイターニュースランキング