エディション:
日本

特集 5GめぐるIT冷戦

中国ファーウェイ、スウェーデン5G入札で上訴

中国ファーウェイ、スウェーデン5G入札で上訴

中国通信機器最大手・華為技術(ファーウェイ)は、スウェーデンの裁判所が昨年末、通信当局PTSに対し、同社抜きで次世代通信規格「5G」の周波数帯割り当て入札を実施することを認める判断を下したことを不服として、上訴した。

アングル:欧州5Gでファーウェイの「穴埋め」狙う韓国サムスン

アングル:欧州5Gでファーウェイの「穴埋め」狙う韓国サムスン

欧州の通信会社が、第5世代(5G)移動通信システムを納入する中国の華為技術(ファーウェイ)の穴を埋める競争が繰り広げられる中で、これまで久しく下馬評にもなかった韓国サムスン電子の採用を検討している。ただ、交渉の初期段階からうかがう限り、勝負はなお難しそうだ。

中国の半導体国産化に暗い影
グラフィックス

モバイル端末関連

米アップルのNASDAQ株価

韓国サムスン電子の株価

Photo

特別リポート:自由を失う香港、引き裂かれる家族と社会の絆

[香港 22日 ロイター] - 香港に立ち並ぶ高層マンションの一室、狭いキッチンに広東料理の濃厚な香りが漂っている。秋の訪れを告げる中秋節の時期、香港では家族や親戚が集まり、月を眺め、月餅や料理を楽しみながら団らんのひと時を共にするのが恒例だ。

Photo

特別リポート:コロナ禍で「プラ危機」、廃棄増がリサイクル圧迫

[5日 ロイター] - 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)でプラスチック業界が激震に見舞われている。武漢からニューヨークまであらゆる地域で、フェイスシールドや手袋、食品のテイクアウト用容器、オンラインショッピングで注文された商品の配送用緩衝材などの需要が増えているが、こうした製品はリサイクルできず、廃棄物が急増している。

Photo

特別リポート:急拡大する中国「海兵隊」、権益確保へ世界展開

[香港 20日 ロイター] - 中国が1990年代半ばに軍事力拡大に乗り出した時点で、最優先目標に掲げていたのは、本土沿岸に接近する米軍を徹底的にたたく戦力を整えることだった。だが今や、人民解放軍は世界各地で米国の力に挑戦するための準備を進めつつある。

Photo

特別リポート:イランのミサイル開発に新事実、アルミ粉末計画の内幕

[ロンドン 24日 ロイター] - イラン北東部、北ホラーサーン州の砂漠の端に、アルミニウム工場が建っている。近くには国内最大のボーキサイト鉱床。イラン政府はこの施設群について、アルミニウムの生産拡大に向けた取組みの重要な柱とうたっている。

ニュース一覧

中国ファーウェイ、仏東部に携帯電話通信機器の工場建設へ

中国ファーウェイ、仏東部に携帯電話通信機器の工場建設へ

中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)は17日、フランス東部に携帯電話ネットワーク機器製造工場を建設するため、2億ユーロを投資すると発表した。欧州市場に製品を供給する。当初は300人を雇用し、長期的には500人規模に拡大する方針だ。

「O-RAN」5Gに数社が関心、実証実験も=富士通社長

「O-RAN」5Gに数社が関心、実証実験も=富士通社長

富士通の時田隆仁社長は17日、第5世代(5G)通信網を巡り世界の通信会社などが協力して推進するオープンネットワーク仕様の「O-RAN(オーラン)」に沿った富士通の基地局などに、数社の通信会社が関心を寄せていると述べた。ロイターのインタビューで語った。一部では実証実験も進めていると明かした。

ノキアの5G部門、来年の利益率は横ばいに

フィンランドの通信機器大手ノキアは16日、第5世代(5G)移動通信システムを担当するモバイル・ネットワーク部門の来年の粗利益率が横ばいになるとの見通しを示した。

中国スマホメーカー、ファーウェイの苦境尻目にシェア拡大狙う

中国スマホメーカー、ファーウェイの苦境尻目にシェア拡大狙う

中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)は米国の制裁強化によりスマートフォンのサプライチェーンに打撃を受けているが、業界筋によると、その間にライバルの小米(シャオミ)、OPPO(オッポ)、Vivo(ビボ)などが市場シェアを奪おうと攻勢に出ている。

テクノロジー

ロイターニュースランキング