エディション:
日本

特集 5GめぐるIT冷戦

ファーウェイ、19年は18%増収の見通し 20年は「困難な年」に

ファーウェイ、19年は18%増収の見通し 20年は「困難な年」に

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]は12月31日、2019年の売上高が前年比18%増の8500億元(1217億2000万ドル)となる可能性が高いとの見通しを示した。米政府による事実上の禁輸措置を受け、当初の見通しを下回る見込みとなった。

中国の半導体国産化に暗い影
グラフィックス

モバイル端末関連

ウィー中国法人、テマセクとPE会社が出資率上げを提案=関係筋

シンガポール政府系投資会社テマセク・ホールディングスと中国のプライベートエクイティ(PE)会社、トラストブリッジ・パートナーズは、米シェアオフィスのウィーワークの中国法人と出資率引き上げについて協議した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

米アップルのNASDAQ株価

韓国サムスン電子の株価

Photo

特別リポート:ロイターの香港報道を制限、リフィニティブが自己検閲

[ロンドン 12日 ロイター] - 今年8月、香港が反政府デモに揺れる中、ロイターは、暴動を鎮めるためにデモ参加者らの要求を一部受け入れたいという林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の秘密の提案を、中国政府が却下していたと報道した。中国当局が神経をとがらせかねない内容だった。

再送-特別リポート-ロイターの香港関連記事を制限、リフィニティブが検閲システム作成

[ロンドン 12日 ロイター] - 今年8月、香港が反政府デモに揺れる中、ロイターは、暴動を鎮めるためにデモ参加者らの要求を一部受け入れたいという林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の秘密の提案を、中国政府が却下していたと報道した。中国当局が神経をとがらせかねない内容だった。

Photo

特別リポート:伝説の香港大富豪、習主席との「長く特殊な関係」

[香港 27日 ロイター] - 1993年1月、ふくよかな頬と豊かな黒髪が目立つ、野心に富む39歳の中国共産党幹部が香港を訪れた。彼は、自らの地盤である二級都市・福州への投資を募る狙いで、立ち並ぶ輝かしい高層ビルのなか、香港の富裕層の面会を求めた。それが習近平氏だった。

Photo

特別リポート:「可能なら辞任する」、香港トップが明かした胸の内

[香港 2日 ロイター] - 香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が先週、実業家グループとの非公開会合で、香港の政治危機を巡り「言い訳のできない大混乱」を引き起こしたとし、選択肢があるなら辞任すると話していたことが分かった。録音された発言をロイターが確認した。 | ビデオ

ニュース一覧

展望2020:半導体の回復鮮明に、5Gとデータセンターがけん引

展望2020:半導体の回復鮮明に、5Gとデータセンターがけん引

2020年は半導体分野の回復基調が鮮明になりそうだ。在庫調整の進展に加え、5G(第5世代通信網)やデータセンター関連の需要がけん引するとみられる。米中摩擦などのリスク要因はくすぶるものの、ひとまず過剰供給への懸念は23年ごろに後ずれするとの見方も出ている。

米補佐官、ファーウェイの5G参入巡り英に警告=FT

米補佐官、ファーウェイの5G参入巡り英に警告=FT

オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビューで、英国が次世代通信規格(5G)通信網の構築で中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の参入を認めれば、英国の情報機関にリスクをもたらすと警告した。

ファーウェイの5G参加容認を=伊産業相

ファーウェイの5G参加容認を=伊産業相

イタリアのパトゥアネッリ産業相は22日、同国の第5世代(5G)通信網構築に中国通信機器大手の華為技術(ファーフェイ)[HWT.UL]の参加を認めるべきだとの見解を示した。イタリアのスタンパ紙に語った。

ポスト5G開発へ基金設置、若手研究者支援基金も=成長戦略

ポスト5G開発へ基金設置、若手研究者支援基金も=成長戦略

政府は19日、未来投資会議を開催し、これまでの各議論を踏まえて、来年夏の成長戦略実行計画に関する中間報告をとりまとめた。その中で、5G情報通信インフラの集中的整備への減税措置、ポスト5Gのシステムや先端半導体技術の日本企業による開発を支援するため、複数年のプロジェクト推進に基金を設置することが盛り込まれた。また人材育成に向け、大学などの研究者を対象に研究構想支援へ一定期間、安定的に支援する事業の基金を創設する。

昭和電工がTOBで日立化成を買収、5Gや半導体で成長目指す

昭和電工は18日、日立化成を株式公開買い付け(TOB)により買収すると発表した。TOB価格は1株4630円、買付代金は総額9640億円となる。昭和電工は、今回の買収よって、5G、半導体、自動車電動化などに注目した7事業領域での成長を目指す、としている。

独連立政権、ファーウェイの5G参入巡る決定先送り

独連立政権、ファーウェイの5G参入巡る決定先送り

ドイツの連立政権を構成するメルケル首相の与党、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)は、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の排除につながる可能性のある次世代通信規格「5G」ネットワークのセキュリティー規定に関する決定を来年まで先送りした。

独連立与党SPD、ファーウェイ排除案を支持するか17日決定へ

独連立与党SPD、ファーウェイ排除案を支持するか17日決定へ

ドイツ連立与党の社会民主党(SPD)は17日、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)を次世代通信規格「5G」ネットワーク整備から排除する提案を支持するかどうかを決定する。支持を決めれば、キリスト教民主・社会同盟と組む連立政権内で緊張が高まりそうだ。

テクノロジー

ロイターニュースランキング