エディション:
日本

特集 5GめぐるIT冷戦

ファーウェイの英5G参入は条件付き=ハンコック保健相

ファーウェイの英5G参入は条件付き=ハンコック保健相

ハンコック英保健相は5日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL] が英国で次世代(5G)通信網開発への関与を続けるには、満たさなければならない明確な条件があると述べた。同社を巡る報道を受けた発言。

中国の半導体国産化に暗い影
グラフィックス

モバイル端末関連

富士通、22年度末までにオフィス規模を半分程度に 「新常態」踏まえ

富士通は6日、2022年度末までにオフィスの規模を現状の50%程度に縮小すると発表した。約8万人の国内グループ従業員はテレワーク勤務を基本とし、全席をフリーアドレス化する。新型コロナウイルスの感染拡大に伴うニューノーマル(新常態)を踏まえた取り組みの一環で、時間や場所をフレキシブルに活用できる体制を整え、生産性などの向上につなげる狙い。 オフィス規模を縮小する一方、最先端のITシステムの実証などの機能を定めたハブオフィスや、サテライトオフィスのスペース拡張などのリノベーション投資も進める。投資は3年で回収できるよう計画するという。富士通は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため工場を除くオフィスへの出社率を最大25%に抑える取り組みを進めている。7月から月額5000円の環境整備費用補助やスマートフォンを支給する一方、通勤定期券代の支給を廃止する。 「新常態」を踏まえた取り組みについて平松浩樹総務・人事本部長はオンライン会見で「富士通の中で効果を出すだけでなく、取り組みの結果をソリューションやサービスで提供してい

ソフトバンクGの統治改革、ビジョンファンドは対象外に=関係筋

ソフトバンクグループ(SBG)が、1000億ドルを運用する傘下のビジョン・ファンドに対する取締役会の監視を強める考えがないことが、複数の関係筋の話で明らかになった。物言う投資家として知られる米エリオット・マネジメントは同ファンドも含めたガバナンス(企業統治)強化を求めているが、これには応じない構えだ。

米アップルのNASDAQ株価

韓国サムスン電子の株価

Photo

特別リポート:イランのミサイル開発に新事実、アルミ粉末計画の内幕

[ロンドン 24日 ロイター] - イラン北東部、北ホラーサーン州の砂漠の端に、アルミニウム工場が建っている。近くには国内最大のボーキサイト鉱床。イラン政府はこの施設群について、アルミニウムの生産拡大に向けた取組みの重要な柱とうたっている。

Photo

特別リポート:なぜブラジルは「コロナ感染大国」に転落したのか

[サンパウロ/リオデジャネイロ 26日 ロイター] - 3月中旬、ブラジルは感染の足音が聞こえ始めていた新型コロナウイルスに先制攻撃を加えた。保健省はクルーズ船の運航停止を命じ、地方自治体に大規模イベントの中止を要請した。海外からの旅行者には1週間の自主隔離を呼びかけた。

Photo

特別リポート:批判覚悟で中国称賛、WHOテドロス氏の苦悩と思惑

[15日 ロイター] - 1月末、慌ただしい北京訪問からスイスのジュネーブに戻った世界保健機構(WHO)のテドロス事務局長は、中国指導部による新型コロナウイルスへの初期対応をはっきり称賛したいと考えていた。だが、当時の状況を知る関係者によると、テドロス氏は複数の側近からトーンを落とすべきだと進言された。

Photo

特別リポート:封鎖下NYのラブストーリー、近づく妻との最期

[ニューヨーク 10日 ロイター] - これは1つのラブストーリーだ。始まりは50年前のパリ。焼き上がって甘く香るアップルシュトルーデルがきっかけだった。だがハワード・スミスさんは、過去のロマンチックな思い出に浸っている暇はないと言う。いま彼が心配しているのは、2人のつながりがどのような結末を迎えるかだ。

ニュース一覧

ファーウェイCFOの米への身柄引き渡し審理、来年4月まで延長

ファーウェイCFOの米への身柄引き渡し審理、来年4月まで延長

カナダで逮捕された中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ) の孟晩舟最高財務責任者(CFO)の米国への身柄引き渡しを巡る審理の日程が来年4月下旬まで延長された。カナダのブリティッシュコロンビア州の裁判所が23日公表した文書で分かった。

台湾TSMC、ファーウェイとの取引減を他の顧客で補う

台湾TSMC、ファーウェイとの取引減を他の顧客で補う

台湾の国家発展委員会のクン明シン主任委員(閣僚)は22日、台湾積体電路製造(TSMC)による中国のファーウェイ(華為科技)向けの販売について、米国の輸出制限で失われた分を他の顧客からの受注で補ったと明らかにした。

ファーウェイ新規則、5G規格策定が目的=米商務長官

ファーウェイ新規則、5G規格策定が目的=米商務長官

ロス米商務長官は17日、国内企業に中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]との協力を容認する新規則について、第5世代移動通信システム(5G)などの国際標準規格の策定を念頭に置いた措置との認識を示した。同時に、ファーウェイを巡る国家安全保障上の懸念は依然存在すると述べた。

テクノロジー

ロイターニュースランキング