エディション:
日本

特集 高まる貿易戦争リスク

日米貿易交渉、閣僚協議を延長

日米貿易交渉、閣僚協議を延長

 【ワシントン共同】日米両政府は22日午後(日本時間23日午前)、米ワシントンで2日目となる貿易交渉の閣僚協議を終えた。茂木敏充経済再生担当相は記者会見で協議を1日延長し、23日に3日目の協議を行うと明らかにした。自動車や牛肉の関税分野などで依然として両国の意見に隔たりがあるため。茂木氏は「お互い国益を懸けて大きな交渉をしており、時間がかかっている」と説明した。

米国は誤った行動是正を、追加関税強行なら報復=中国商務省

米国は誤った行動是正を、追加関税強行なら報復=中国商務省

中国は22日、米国が対中追加関税という誤った行動を改めるよう望むとした上で、新たに関税が引き上げられれば状況はエスカレートしかねないと強調した。トランプ米大統領は今月初めに3000億ドル相当の中国製品に対して10%の制裁関税を課すと発表、9月1日に発動するとしていた。

米国ニュース

中国ニュース

Photo

特別リポート:米中対立の最前線ポーランド、華為「スパイ」事件を追う

[ワルシャワ 2日 ロイター] - 今年1月の冷え込みの厳しい朝、ポーランドの国内公安機関(ISA)がワルシャワのアパートの一室に立ち入った。彼らは写真や電子機器を没収、アパートに住む外国人ビジネスマンを逮捕した。

Photo

特別リポート:乱立する「国境の壁」資金調達、寄付金の行方は不透明

[ワシントン 3日 ロイター] - 米国のトランプ大統領が看板政策として選挙公約に掲げていたのは、メキシコとの国境に「壁」を築くという構想だった。だがその夢は、相手国メキシコとの議論や、政府予算に影響力を持つ民主党議員からの反対を受け、泥沼にはまっている。

Photo

特別リポート:憂色深まる黒田日銀 財政との一体化にリスクも

[東京 18日 ロイター] - 昨年4月9日の午後、再任の辞令を受けるため首相官邸を訪れた黒田東彦日銀総裁は、にこやかに出迎えた安倍晋三首相と握手を交わし、報道各社のカメラに収まった。

Photo

特別リポート:ファーウェイ排除の内幕、激化する米中5G戦争

[キャンベラ 21日 ロイター] - 2018年初頭、オーストラリア首都キャンベラにある低層ビル群の内部では、政府のハッカーたちが、破壊的なデジタル戦争ゲームを遂行していた。 | ビデオ

英韓、FTA継続協定に署名へ EU離脱後見据え

英韓、FTA継続協定に署名へ EU離脱後見据え

英韓両政府は、英国が10月末に欧州連合(EU)を離脱した後も現行のEU・韓の自由貿易協定(FTA)とほぼ同じ貿易条件を維持するFTA継続協定に22日に署名する見通し。英政府が発表した。

アングル:報復関税が直撃、米国産ウイスキーのEU輸出苦境に

アングル:報復関税が直撃、米国産ウイスキーのEU輸出苦境に

欧州連合(EU)が昨年6月、トランプ米政権の通商政策への報復として米国産ウイスキーに25%の関税を適用すると、ペンシルベニア州の蒸留酒メーカー、マウンテン・ローレル・スピリッツの売上高は一夜にして10%も減少した。欧州の販売業者がマウンテン・ローレルの製品の仕入れを取りやめたためだ。

米、中国製スチール棚に関税発動へ 国内産業への損害認定

米国際貿易委員会(ITC)は20日、中国製スチール棚が中国政府の補助金を受けて米国に不当に安い価格で輸入されており、同業の米国メーカーが著しい損害を被ったと認定した。これを受け、商務省は補助金相殺関税などを発動する。

G7首脳宣言見送りで調整、自由貿易で意見に隔たり=政府筋

今週末に仏ビアリッツで開催される主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)で、首脳宣言の採択を見送る方向で調整していることが20日、分かった。政府筋が明らかにした。自由貿易などをめぐり各国の意見の隔たりが大きいことが背景にある。

米リセッション懸念ない、中国との通商協議推進=政権高官ら

米リセッション懸念ない、中国との通商協議推進=政権高官ら

米ホワイトハウスの当局者らは18日、世界の債券市場で先週、ボラティリティーが高まったものの、米経済がリセッション(景気後退)に陥るリスクはほとんどないとの見解を示した。中国との貿易戦争についても米国に打撃を与えていないと指摘した。

ロイターニュースランキング