エディション:
日本

特集 高まる貿易戦争リスク

米中通商協議「極めて順調に進捗」=米大統領

トランプ米大統領は15日、米中通商協議は「極めて順調に進捗している」と述べ、米企業に公平な機会をもたらす中国との「真の」通商合意にこれまでになく近づいているとの考えを示した。

米国ニュース

中国ニュース

各国の国際収支
各国の国際収支
写真

隠れた環境危機

地球の7割を覆っている海洋に住む生物に何が起きているのか。  記事の全文 

写真

右傾化するポーランド

ポーランドはなぜ欧州に背を向けたのか。  記事の全文 

写真

「トランプの罠」警戒

米中間選挙で共和党候補が警戒した「トランプの罠」とは何か。  記事の全文 

写真

最強ドイツの泣き所

欧州最強の経済大国ドイツだが、デジタル時代への適応が進まず悪戦苦闘している  記事の全文 

写真

iQOSで喫煙データ収集

加熱式たばこiQOSの、喫煙者に恩恵をもたらさない機能とは。  記事の全文 

ビデオ

今日の株式見通し=上値重い、外部環境にらみ 米中通商協議に注目

きょうの東京株式市場で、日経平均株価は上値が重い展開が予想されている。前日の米国株市場はまちまちで、為替は円高方向に振れている。東京市場の序盤は安く始まり、その後は個別の決算内容や外部環境をにらみながら方向感を探るとみられている。米中通商協議関連のニュースが出てくれば動意づく可能性もあり、注意が必要だ。

中国の対米貿易黒字、1月は273億ドルに縮小

中国の対米貿易黒字、1月は273億ドルに縮小

中国税関当局が14日発表したデータによると、同国の1月の対米貿易黒字は273億ドルとなり、黒字幅は2018年12月の298億7000万ドルから縮小した。

米国株式市場=続伸、米中通商協議への期待やCPI受け

米株市場は続伸、米中通商協議への期待やCPI受け

米国株式市場は続伸して取引を終えた。米中通商協議の進展への期待が高まったほか、消費者物価指数(CPI)統計でインフレが抑制されていることが示され、米連邦準備理事会(FRB)が当面金利を据え置くとの見方を裏付ける格好となった。

米ソーラー業界、2018年の就業者数3.2%減 関税が影響

米ソーラー業界、2018年の就業者数3.2%減 関税が影響

12日に公表されたリポートによると、米国のソーラー(太陽光)業界の就業者数は2018年は24万2000人となり、前年比で8000人(3.2%)減少した。1万人減だった2017年に続き、2年連続の減少となった。トランプ米政権が海外製のパネルに関税を課したことや、州レベルの政策変更を受けて需要が後退した。

ロイターニュースランキング