エディション:
日本

自然災害・環境関連

地震情報

loading...
  •  
  • この情報は、直近1カ月以内に発生した、マグニチュード5.0以上の地震を地図上で示しています。
  • この情報は米地質調査所(USGS)が提供する情報を元に作成しています。日本の気象庁などの機関が発表する情報と異なる場合があります。

北陸、北日本は大雨土砂災害恐れ

8:12am JST

 気象庁は16日、低気圧の影響で、北陸地方と北日本では17日にかけて大雨になる所があるとして土砂災害や川の増水に警戒するよう呼び掛けた。東日本と北日本では海上を中心に風が強くなるため、高波にも注意が必要だ。記事の全文

東海以北は大雨に警戒を

2019年 06月 15日

 気象庁は15日、発達した低気圧の影響で北日本(北海道、東北)と東日本(関東甲信、北陸、東海)は16日にかけて大雨になる所があるとして土砂災害や浸水に警戒するよう呼び掛けた。全国的に風も強まる。竜巻などの突風や落雷にも注意が必要だ。

Photo

地震で英語アナウンス、教材に

2019年 06月 15日

 昨年6月18日の大阪府北部地震で緊急停止した電車に乗り合わせ、とっさの機転で英語の車内アナウンスをして外国人客の不安を和らげた女性会社員の行動が、来年2月に三修社(東京)が出版する大学生向けの英語教材で取り上げられることになった。

環太平洋火山帯
グラフィックス

ロイターニュースランキング

    Photo

    コラム:令和時代のIT化、分断生まぬ「和」の新システムを

    [東京 3日 ロイター] - 「令和」の時代が始まった。平成の31年間で社会や経済環境が大きく変わったが、その数倍の速さと規模で、日本を取り巻くグローバルな環境や日本国内の社会構造、経済のあり方も大きく変貌するだろう。

    Photo

    コラム:「令和」に持ち越す負の遺産、くすぶる増税延期論=熊野英生氏

    [東京 30日] - 景気情勢を巡る雰囲気は、4月1日に新元号「令和」が発表されて以降、がらりと変わった。新しい時代を前に人々のマインドが前向きに切り替わり、景気後退の話題は忘れ去られたようにみえる。

    Photo

    コラム:令和時代の為替相場、注目すべきポイント=尾河眞樹氏

    [東京 27日] - 5月1日にいよいよ改元となり「令和」の時代に入る。新しい時代の金融市場を考えるにあたり、平成30年間のドル円相場を振り返ってみた。筆者が過去から学んだ「相場に向き合う際の注意点」を、筆者なりの観点で3点だけご紹介したい。

    Photo

    情報BOX:新天皇陛下のお言葉全文、即位後朝見の儀で

    [ 1日 ロイター] - 新天皇陛下が1日、即位され、平成から令和に元号が変わった。「即位後朝見の儀」に臨まれた新天皇陛下が、国民に向けて述べられた初めてのお言葉は次の通り。 | ビデオ

    トップセクション