エディション:
日本

米・イラン対立

中東・アフリカ

コラム:日本売りの現実味、財政悪化で円急落はあるか=内田稔氏

コロナショックへの対応として、多くの国や地域が巨額の財政出動を講じており、日本政府も2020年度補正予算を2度にわたって編成した。国際通貨基金(IMF)のデータによれば、日本の公的債務残高(グロス)の対名目GDP(国内総生産)比率は2020年末の段階で251%となる見通しで、さらなる拡大も見込まれる。

中東ニュースマップ

ニュース一覧

ゴーン被告「逃亡劇映画化も」、ジェット会社幹部が法廷証言

日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告が日本からレバノンに逃亡した事件に関与したとしてトルコ当局に拘束されたプライベートジェット機運営会社の幹部が3日、イスタンブールの法廷で証言し、ゴーン被告が逃亡劇についてハリウッドで映画化されるなどと語っていたと明らかにした。

ボツワナでゾウが原因不明の大量死、政府が調査

ボツワナで原因不明のゾウの大量死が発生し、政府は2日、調査を開始したと発表した。政府によると、死んだ象の数は確認されただけで275頭で、2週間前の154頭から急増している。

ナイジェリアのWTO事務局長候補、アフリカが「強力支援」

世界貿易機関(WTO)の次期事務局長候補に名乗りを上げているナイジェリアのンコジ・オコンジョイウェアラ元財務相は、アフリカからの「強力な支援」を感じているとし、アフリカ各国首脳が候補者一本化に向け結束することに期待を示した。関係者によると、オコンジョイウェアラ氏への支持は広がりつつある。

ワールド

ロイターニュースランキング