エディション:
日本

特集 安全保障問題

中国、米の南シナ海での軍事演習を批判

中国、米の南シナ海での軍事演習を批判

中国外務省の趙立堅報道官は6日の会見で、米国が南シナ海に空母を派遣して軍事演習を実施したことについて、米国は威嚇のために意図的に空母を派遣したとし、米政府は同地域の国々に亀裂を生じさせようとしていると批判した。

米海軍、南シナ海で軍事演習 空母2隻派遣

米海軍は、空母2隻が南シナ海で4日に軍事演習を行ったと発表した。同海域では領有権を主張する中国も現在、軍事演習を行っており、米国防総省や近隣諸国は非難する声明を発表している。

Photo

コラム:日本売りの現実味、財政悪化で円急落はあるか=内田稔氏

[29日 ロイター] - コロナショックへの対応として、多くの国や地域が巨額の財政出動を講じており、日本政府も2020年度補正予算を2度にわたって編成した。国際通貨基金(IMF)のデータによれば、日本の公的債務残高(グロス)の対名目GDP(国内総生産)比率は2020年末の段階で251%となる見通しで、さらなる拡大も見込まれる。

Photo

コラム:ECBバズーカ砲、「影の政策金利」で威力絶大に=唐鎌大輔氏

[東京 29日] - メディア等の扱いは決して大きくなかったが、欧州中央銀行(ECB)が6月18日に公表したターゲット型長期流動性供給オペ第3弾(以下TLTRO3)の第4回入札の結果は衝撃的なものだった。

Photo

コラム:ドル円の変動には規則性、短期的な下落に警戒必要=亀岡裕次氏

[東京 1日] - 最近は、リスクオンでドル円が上昇する局面もあれば、下落する局面もある。一見するとドル円の動きは不規則のようにも思えるが、規則性がなくなっているわけではなさそうだ。為替変動の規則性を確認することにより、為替がどの方向に向かうのか理解しやすくなるだろう。

Photo

コラム:黒田日銀と財政の距離が問われている=熊野英生氏

[東京 26日] - 金融政策決定会合後の会見で、黒田東彦日銀総裁が気色ばむ場面があった。6月16日の会見でも、財政ファイナンスについて記者から質問された時は、少し感情的な回答だったように思える。これは6月の会見に限った話ではないが、2020年度の第1次・2次補正予算が国会で成立し、計60兆円近くの国債増発圧力のことが衆目の関心事となっていたタイミングだけに、黒田総裁もいら立ったのだと思う。

Photo

コラム:現実味帯びる米のYCC導入、コロナ危機モードから転換へ=井上哲也氏

[東京 25日] - 米連邦準備制度理事会(FRB)がイールドカーブ・コントロール(YCC)を年内には導入する、との見方が米国市場で台頭している。

Photo

特別リポート:イランのミサイル開発に新事実、アルミ粉末計画の内幕

[ロンドン 24日 ロイター] - イラン北東部、北ホラーサーン州の砂漠の端に、アルミニウム工場が建っている。近くには国内最大のボーキサイト鉱床。イラン政府はこの施設群について、アルミニウムの生産拡大に向けた取組みの重要な柱とうたっている。

Photo

特別リポート:なぜブラジルは「コロナ感染大国」に転落したのか

[サンパウロ/リオデジャネイロ 26日 ロイター] - 3月中旬、ブラジルは感染の足音が聞こえ始めていた新型コロナウイルスに先制攻撃を加えた。保健省はクルーズ船の運航停止を命じ、地方自治体に大規模イベントの中止を要請した。海外からの旅行者には1週間の自主隔離を呼びかけた。

Photo

特別リポート:批判覚悟で中国称賛、WHOテドロス氏の苦悩と思惑

[15日 ロイター] - 1月末、慌ただしい北京訪問からスイスのジュネーブに戻った世界保健機構(WHO)のテドロス事務局長は、中国指導部による新型コロナウイルスへの初期対応をはっきり称賛したいと考えていた。だが、当時の状況を知る関係者によると、テドロス氏は複数の側近からトーンを落とすべきだと進言された。

Photo

特別リポート:封鎖下NYのラブストーリー、近づく妻との最期

[ニューヨーク 10日 ロイター] - これは1つのラブストーリーだ。始まりは50年前のパリ。焼き上がって甘く香るアップルシュトルーデルがきっかけだった。だがハワード・スミスさんは、過去のロマンチックな思い出に浸っている暇はないと言う。いま彼が心配しているのは、2人のつながりがどのような結末を迎えるかだ。

ニュース一覧

ワールド

ロイターニュースランキング