エディション:
日本

2020年 米大統領選挙

コラム:米大統領選討論会、無秩序論戦がバイデン氏の追い風に

コラム:米大統領選討論会、無秩序論戦がバイデン氏の追い風に

[ニューヨーク 29日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米大統領選の第1回候補者討論会で民主党候補のバイデン前副大統領は急進派と穏健派の双方が納得する経済政策を説明するよう迫られる可能性があった。しかし実際は、共和党候補のトランプ大統領の無秩序な振る舞いのおかげでその必要はなかった。

グラフィックス

米大統領選 調査 ― トランプ対バイデン
米大統領選 調査 ― トランプ支持率

高まる貿易戦争リスク

英製造の一部自動車にEU関税の恐れ、日産に影響も=業界筋

英製造の一部自動車にEU関税の恐れ、日産に影響も=業界筋

欧州連合(EU)を離脱する英国との貿易協定における原産地規則を巡り、EU側が自動車部品についてEUおよび英国以外の非EU部品が約55%の閾値に達することを認めない意向を示しているため、英国内で製造される一部自動車は離脱後に関税を課される恐れがあると業界筋が30日、匿名で述べた。

トランプ氏のツイッター

グラフィックス

米大統領選討論会、コロナ対応や最高裁判事人事で激論

米大統領選第1回討論会、コロナ対応や納税問題で激論

米大統領選の第1回候補者討論会が29日、オハイオ州クリーブランドで開かれた。共和党候補のトランプ大統領と民主党候補のバイデン前副大統領は、最高裁判事の指名や新型コロナウイルス対応などについて激論を交わした。

米大統領選討論会、コロナ対応などで激論:識者はこうみる

米大統領選討論会、コロナ対応などで激論:識者はこうみる

米大統領選の第1回候補者討論会が29日、オハイオ州クリーブランドで開かれた。共和党候補のトランプ大統領と民主党候補のバイデン前副大統領は、最高裁判事の指名や新型コロナウイルス対応について激論を交わした。市場関係者のコメントは以下の通り。

米大統領候補の第1回討論会、市場の反応は限定的

米大統領候補の第1回討論会、市場の反応は限定的

米大統領選挙に向けた共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン前副大統領による1回目のテレビ討論会が29日行われたが、米株式先物の動きは小幅で、投資家と市場の反応はおおむね抑制されたものだった。

コラム:米大統領選、投資家は結果判明大幅遅れへの備え必要

コラム:米大統領選、投資家は結果判明大幅遅れへの備え必要

[サンフランシスコ 25日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 今年の米大統領選の結果判定作業がもつれることを心配している投資家は、数カ月に及ぶ市場の混乱に備えて対応策を練った方がよい。20年前の「ブッシュ対ゴア」の対決は、一大事には至らなかった方だ。今回は19世紀後半の混乱した、際どい対決に近い状態になるもしれない。このときは勝者が決まったのが就任式直前の3月だった。

次期最高裁判事も米大統領選巡る判断に関与すべき=共和党上院議員

次期最高裁判事も米大統領選巡る判断に関与すべき=共和党上院議員

今月死去したギンズバーグ米最高裁判所判事の後任にトランプ大統領が指名したバレット連邦高裁判事と会談した共和党上院議員らは29日、バレット氏を称賛するとともに、11月の大統領選に関連して最高裁が判断を下す場合に、同氏は関与すべきではないとする民主党の主張を退けた。

ロイターニュースランキング