Reuters - Video

エディション: US | UK | IN | CN | JP

video

米債券市場の逆イールド、景気後退の前兆か(23日)

2019年 8月 24日 Saturday - 03:46

米債券市場では、14日に2年物と10年物の間で長短金利の逆転(逆イールド)が12年ぶりに起こり、その後、21日、22日にも一時的に発生した。長短金利の逆転は景気後退の兆候とみられるため、世界市場が今、逆イールドに注目している。米国に、金融危機以来の景気後退はやってくるのか。

▲ ストーリーを隠す

ストーリーを表示する

米債券市場では、14日に2年物と10年物の間で長短金利の逆転(逆イールド)が12年ぶりに起こり、その後、21日、22日にも一時的に発生した。長短金利の逆転は景気後退の兆候とみられるため、世界市場が今、逆イールドに注目している。米国に、金融危機以来の景気後退はやってくるのか。

リンクをコピーするには:URL上で右クリック後「コピー」を選択。モバイル端末では、URLを長押ししてください。

米債券市場の逆イールド、景気後退の前兆か(23日)

2019年 8月 24日 Saturday - 03:46