Reuters - Video

エディション: US | UK | IN | CN | JP

video

ボルカー元FRB議長死去、その足跡を振り返る(13日)

2019年 12月 14日 Saturday - 02:20

12月10日から2日間の日程で今年最後の米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催され、政策金利の据え置きが決定されたが、その前日9日には、1979年から1987年まで米連邦準備理事会(FRB)の議長を務めたポール・ボルカー氏が亡くなった。92歳だった。ボルカー氏の、米国の金融政策に残した大きな足跡を振り返る。

▲ ストーリーを隠す

ストーリーを表示する

12月10日から2日間の日程で今年最後の米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催され、政策金利の据え置きが決定されたが、その前日9日には、1979年から1987年まで米連邦準備理事会(FRB)の議長を務めたポール・ボルカー氏が亡くなった。92歳だった。ボルカー氏の、米国の金融政策に残した大きな足跡を振り返る。

リンクをコピーするには:URL上で右クリック後「コピー」を選択。モバイル端末では、URLを長押ししてください。

ボルカー元FRB議長死去、その足跡を振り返る(13日)

2019年 12月 14日 Saturday - 02:20