Reuters - Video

エディション: US | UK | IN | CN | JP

video

南極のヒゲペンギン、1970年代から77%急減 温暖化に警鐘(字幕・11日)

2020年 2月 13日 Thursday - 01:34

南極大陸の西側に生息するヒゲペンギンの数が、前回1970年の調査以来、77%減少したことが分かった。地球温暖化で南極周辺の氷床融解が加速する中、科学者らは食物連鎖の「基本的な構成要素」に影響が出ると警告する(ナレーションなし)。

▲ ストーリーを隠す

ストーリーを表示する

南極大陸の西側に生息するヒゲペンギンの数が、前回1970年の調査以来、77%減少したことが分かった。地球温暖化で南極周辺の氷床融解が加速する中、科学者らは食物連鎖の「基本的な構成要素」に影響が出ると警告する(ナレーションなし)。

リンクをコピーするには:URL上で右クリック後「コピー」を選択。モバイル端末では、URLを長押ししてください。

南極のヒゲペンギン、1970年代から77%急減 温暖化に警鐘(字幕・11日)

2020年 2月 13日 Thursday - 01:34