Reuters - Video

エディション: US | UK | IN | CN | JP

video

WHO、コロナ空気感染の「証拠浮上」 事実なら対策見直しも(字幕・8日)

2020年 7月 8日 Wednesday - 02:01

世界保健機関(WHO)高官は7日、新型コロナウイルスの空気感染(飛沫核感染)の可能性を示す「証拠が出始めている」ことを認識し、「感染経路の一つである可能性を見極めている」と明らかにした。仮に事実なら、1―2メートルの間隔をあけるソーシャルディスタンスをはじめ、各国は対策の見直しを迫られる可能性もある。

▲ ストーリーを隠す

ストーリーを表示する

世界保健機関(WHO)高官は7日、新型コロナウイルスの空気感染(飛沫核感染)の可能性を示す「証拠が出始めている」ことを認識し、「感染経路の一つである可能性を見極めている」と明らかにした。仮に事実なら、1―2メートルの間隔をあけるソーシャルディスタンスをはじめ、各国は対策の見直しを迫られる可能性もある。

リンクをコピーするには:URL上で右クリック後「コピー」を選択。モバイル端末では、URLを長押ししてください。

WHO、コロナ空気感染の「証拠浮上」 事実なら対策見直しも(字幕・8日)

2020年 7月 8日 Wednesday - 02:01