Reuters - Video

エディション: US | UK | IN | CN | JP

video

米水道水汚染は想定よりも深刻か、43カ所で「永遠の化学物質」検出(字幕・23日)

2020年 1月 23日 Thursday - 00:59

米環境保護団体が22日に発表した報告書によると、全米44カ所の水道水のサンプルを調べたところ、1カ所を除くすべてでパーフルオロアルキル化合物(PFAS)を検出したという、PFASは分解されないことから「永遠の化学物質」とも呼ばれ、がんや肝機能障害、低体重児の出産といった健康被害をもたらす。

▲ ストーリーを隠す

ストーリーを表示する

米環境保護団体が22日に発表した報告書によると、全米44カ所の水道水のサンプルを調べたところ、1カ所を除くすべてでパーフルオロアルキル化合物(PFAS)を検出したという、PFASは分解されないことから「永遠の化学物質」とも呼ばれ、がんや肝機能障害、低体重児の出産といった健康被害をもたらす。

リンクをコピーするには:URL上で右クリック後「コピー」を選択。モバイル端末では、URLを長押ししてください。

米水道水汚染は想定よりも深刻か、43カ所で「永遠の化学物質」検出(字幕・23日)

2020年 1月 23日 Thursday - 00:59